留学先の選び方―高校留学

ロゴ_クリック

Q:将来、アメリカのアイビーリーグの大学に入学したいと思っています。どうしたらよいですか?

A:

どの国のどの高校を卒業してもアイビーリーグ入学のチャンスはある。でもより入学しやすいのは アメリカ東部のボーデイングスクール(寮制高校)またはデイスクールを卒業するのが一番だ。 大学入学の前年の秋に、高校で説明会がある。 その説明会には、大学の入手担当教授、そして前にアイビーリーグの大学へ入学した学生がくる。 そうすれば、生の情報がもらえる。アメリカの大統領はこのアイビーリーグの大学出身者が多いが、そのほとんどが東部のボーデイングスクール(寮制高校)を卒業している。2

Q: 親戚がオーストラリアに住んでいます。留学先をオーストラリアにした方が良いですか?

A: 安心できるからといってオーストラリアを選ぶ人がいる。 逆に、頼りきってしまうからと言って、避ける人もいる。 だから、どちらの場合もある。 住んでおられる親戚の方をどのように考えるか。 あなたの考え方しだ。 最近の例では、これだけスカイプやラインで連絡できるようになっているので、必要なことは大体は、日本の良心と相談をして決めているようだ。 「親戚がその国に住んでいるから」で選ぶ人は少なくなったようだ。

Q: イギリスへ留学すると大変だと聞いています。本当でしょうか?

A: イギリスの高校は、はっきり言って、カナダやオーストラリアの高校と比べて授業料が高い。イギリスの場合、きまりで、公立高校へは留学できない。 ほとんどは私立の寮制の高校となる。いわゆる、パブリック・スクールとなる。 どの高校も伝統と格式のある大学受験の高校で、おのずと授業料が高くなっている。 でも卒業すれば、世界で認められている A-Levelの学力となり世界中のどの大学にも行ける実力が付く。 勉強に自信のある生徒に薦めたいのがイギリス留学だ。 中には学習のサポート機関なのか高校なのかよく分からないで選ぶ人がいる。 必ず、高校を選んでほしい。 サポート機関のカリキュラムを終了しても、卒業や大学就学資格に結びつかないので注意しよう。

 

希望の国をクリックしよう!

 

アメリカカナダー2選ぶ―カナダ選ぶ―ニュージーランド選ぶーオーストラリア選ぶ―アメリカ