英語の傾斜配点ーEアップグレイドー英語受験

英語の傾斜配点ーEnglish Upgrading

 

なぜ今、英語が熱いのか? その理由は、大学受験でも高校受験でも、英語は受験の試験科目から外れようとしているからだ。 試験科目から外れるのになぜ英語なのか? 試験科目から外れるといっても、英語力が検査されないということではない。英語力は、外部テスト、すなわち、TOEFL,IELTS,英検などのスコアによって検査されるということだ。

つまり、2020年から、英語力は外部テストでの評価に任せるということになる。今は、この「外部テストに任せる」への移行期間。では、どのようにして英語力をアップグレードすればよいのだろうか。その対策はあるのだろうか。 簡単にできる。 英語の4技能を高めるだけ。 Listening, Speaking, Writing, Readingの四つだ。では、具体的にどうすれば? フレンドシップの門をたたけばよい。 フレンドシップは、英語のアップグレードをする専門機関なのだから。

 

ところで、フレンドシップの宣伝はこれくらいにして、この「英語力強化」のためのユニークな対策をしている高校を紹介しよう。埼玉県の高校だが、その取り組み方が面白い。この高校の入学試験の方法にそれは端的に表れている。 一目瞭然、「傾斜配点」なのだ。

つまり、極端に英語に特化した入試の学力試験なのだ。 英語300点、国語・数学で300点 の合計600点で争われる。

国語と数学の得点の割合は、国語200点数学100点か、国語100点、数学200点のどちらか。 このように、入試の学区力評価の半分は英語だ。これは、「大学入試は事実上、英語の試験だ」と言い切る学校長の言葉に裏打ちされている。 いずれ英語は科目ではなくなる。 英語はできて当たり前。 英語を学ぶことはなくなる、その代り「英語で学ぶ」時代になるのだ。

 

英語学習の最新の方法・・・・・・・小学校で英語は必要。でも、なぜ?

頼れる友だちー英語がうまくならない英語は心から心へ伝え合おう。
相手の言いたいことがわかったとき、自分の言いたいことが相手に伝わったとき、「うれしい!」
講師: Mr. Matthew  Kocourek フロリダ大卒、アメリカ国籍


生徒達は、日頃から、学校の定期試験野英語力アップのため、また英検合格の為、またTOEFL受験のためなど、皆、英語力アップに向けてがんばっている。ここで、小学校でも英語教育が義務化されるという文科省の方針が具体化しました。 どの小学校でも英語が必須となったわけです。「喜ぶべきか?」「それとも改めるべきか?」

いずれにしろ、あなたは親として、保護者として、そしてわが子の教育者として責任ある対応をしなければならない。

この現実に、あなたはあなたの意見を持たなければならない。
つまり、「英語の授業は小学生に必要か?」について意見を持たなくてはならないのです。
そうしないと、あなたは子どもの教育に携わるものとして「失格者」となる。
さて、あなたの考えは?

次に、英語の授業に反対するフレンドシップの塾生の声を掲げます。

 

ぼくは英語の授業の回数を増やすことに反対だ。
たしかに、英語を学べば英会話ができるようになり、相手の国の文化をわかることもできる。
でも、ぼくの場合、まず日本の文化を知らなければ、日本の文化を相手に伝えることができないので、相手と心から分かりあうことはないと思う。
今、ぼくたちの学校では、月2回英語の授業(総合の時間)を行っている。
今のままでも、かんたんなあいさつなら十分できる。
それ以上むずかしい会話は中学校、高校からでも、おそくはない。
英語の授業も、もちろん大切だ。だが、本当に授業でやるべきものは、日本の文化だと思う。
ぼくがまだ見たことのない、歌舞伎や落語、能、狂言、これらは他の国にはないすばらしい日本だけの文化だ。
そういう事を総合でやっていけばよいのだと思う。
日本の文化と英語を使う相手の国の文化を比べてみる、そうすれば英語を覚えやすくするのではないか?

(小学6年男子)


英語―上手くなりたいむずかしい英語はいやだ。でも話せるようになりたい。賛成。
私は英語を習うことに賛成です。いろいろな外国の人と話せるようになるからです。
父から聴いた話ですが、イギリス人やアメリカ人が使う英語よりも、いっそう簡単にしたシンガポールとかインドで使われている英語の方が広まっているとのことです。
Global English = Globish というのだそうです。
私もそのような英語でよいと思います。
まず、そんな英語を習いたいのです。そして、その英語がほぼできてから、イギリス英語を学べたら良いなと思っています。
ほかのクラスメートの人は嫌がっていますが、私は、英語の授業がとても楽しいです。
ほかの皆も、楽しく感じてほしいです。(小学5年女子)


英語の最前線ー3私は外国語活動の授業が始まることに反対です。
なぜなら、私は外国語がまるでわかりません。
小学校で外国の先生が授業を教えてくれても、ほとんど全部を英語で話してたり、質問(しつもん)したりしています。
私は普通(ふつう)の授業ではよく手をあげていますが、英語の授業では何を質問されたのかがさっぱりわからなくて手があげられません。
だから、楽しく学習できなくていつもつまらない思いをしています。
もしも、先生が日本語で話してくれたり、通訳(つうやく)する人がいたなら楽しく学習できると思います。
しかし、そういうことをしないのならば、私はいやです。
ほかの外国語がまるでわからない人にとっては英語の国際理解の時間はただのむだな時間になってしまいます。
そのようなことをするなら、他の授業をやったほうがきちんとした授業なると思います。
以上のことで私は英語活動の授業が始まることに反対です。(小学6年女子)

英語は心から心へ伝え合おう。
相手の言いたいことがわかったとき、自分の言いたいことが相手に伝わったとき、「うれしい!」
講師: Mr. Matthew  Kocourek フロリダ大卒、アメリカ国籍

国内受験