8/9 19 Back Up 前の高校留学準備プログラム 古いプログラム

 

あなたが留学する海外の高校では、あなたは住んでいる日本の社会とこれまでどのように関わり、そしてどのようなことを経験し、そしてどのような成果を上げたのかを発表するようにどの高校の先生からも訊かれます。なぜでしょうか? その留学する高校にもよりますが、この社会との関わりの体験が必修となっており、実際の体験が単位として認められる高校もあります。 こうなると、日本人生徒は困ります。 単に英語ができないから困るのではなく、この社会との関わりでも困ってしまいます。 この意味で、先ずあなたはこれまで日本で生活し身に付けてきた「生ぬるいもの DD (Dad Did の略で、親が生徒のかわりにやってくれたことの意味です)」をまず拭い落さなければなりません。 このような反省がないと、海外での新しい環境で新しい経験をすることに挑戦できません。

 

今、日本政府や日本の教育機関はこぞって留学を薦めています。 そんな状況ですから、皆さんも「留学」してみたいと感じているはずです。 少なくとも、「留学」に興味を抱いていることでしょう。 そんな中、「今、高校留学をしたいと思っている。でもその準備ができていないと思う。だから、留学する前にその準備をするそんなプログラムはないのだろうか?」 こんな質問が増えてきました。

「留学」を勧めることは、それが高校留学であれ大学あるいは大学院留学であれ、取得した単位の互換性が前提になっています。すなわち、海外の高校で取得した単位を日本の高校が正式の単位として認定し、その逆に、これまで日本の中学・高校で取得してきた単位を海外の高校が認定することが前提となっている、という意味です。 このように単位の互換が可能になったので留学しやすくなったわけです。ロゴ_クリック

 

ところで、国際的に大学入試応募資格として認められている資格として、IB International Baccalaureate があります。 これは、スイスに本部のある教育カリキュラムの認定機関が認めている国際的な資格で、高校卒業資格としてどの国でも通用します。
ですが、日本語の授業ではこのIBは取れません。少なくとも授業の言語が英語でなければなりません。
日本の高校では、その高校が international school (海外の認定機関から正式に認定されている高校で、英語で教えているという程度の意味でのインターナショナルスクールではありません) でもない限りはこのIBを取得することが出来ませんでした。
でも、今やそのような高校卒業資格、大学受験資格を必要とする状況が一変し、IBをとらなくともアメリカやイギリスの大学を受験することが可能となりました。
これまでは、どの国の大学にもfoundation program 基礎準備プログラムというものがあって、英語力を鍛えてその鍛えた英語で科目の勉強をするとIBと同じ効果が得られたわけです。
だから、海外からの応募者はこの基礎準備プログラムで、大学へ入学する前の一年間、もしくは半年間、主に英語の鍛錬で準備する必要がありました。

 

それが、単位の互換が自由になったことで必要なくなったわけです。 従って、この状況の変化に基づき、留学の前に、日本人生徒の欠点を克服するために、又海外の高校で確実に単位を取得できるようにするために、次の準備プログラムを作成したわけです。
このプログラムは意欲的な日本の中学生・高校生のために適しており、またある程度長期で留学の準備をしたいという生徒のためにも適しています。

 

準備コース科目表

1. 英語 English

英語の基本の技能、Listening 聴く, Speaking話す, Reading読む ,Writing書くの能力を高める練習をおこないます。
速読の練習として Paragraph reading パラグラフ読みの練習耳を慣らす練習としてLiterature: short stories 物語読みー短編物(O.H. Henryの短編小説など)入学条件となっているEssay Writing(小論文)の為、作文力の特訓作文力をいっそうつけるため、毎日日記をつける Journal writing 語彙の練習と言葉の暗記の練習 vocabulary building and memorizing words, 授業の内容のノートの取り方 Portfolioの作成などで、鍛錬していきます。 英語の実力を確かめ、TOEFLなどの外部の英語力テストでの点数アップを目指します。 

2. 世界史プラス現代社会 World History and Social Studies

現在の世界情勢を理解するために過去の歴史及び現代社会について学びます。
範囲は、地理的には北と南のアメリカ史・西ヨーロッパ史、そして中国、日本を含めた東アジア史が中心となります。 欧米では、History は、日本での授業と違って、年代ごとに学びません。 地域ごと、テーマ別に学びます。

アメリカ史の場合、先ずアメリカの Native people (first people) の歴史を、Columbus のアメリカ到着以前から学習し、白人社会との反目、近代化と進んでいきます。 同時に、Columbusのアメリカ到着からヨーロッパ人の進出、アメリカの独立、開拓時代、近代化の歴史を学習します。 テーマ別に学ぶ場合は、下記のテーマが中心となります。
民主主義の成長 Growth of Democracy in Europe
政治革命 Political revolutions
産業革命 Industrial revolution
帝国主義 Results of Imperialism
国際関係 International relations
など

3. 理科 Science

理科の科目は、先ず使用される用語を覚えなければならない。 但し、注意しなければならないのは、独立したとしてその用語を覚え宇野ではなく、具体的な問題に取り組むことで、用語をマスターする方法を取ります。 毎回、Quizに取り組みながら用語を記憶していきます。 9,10年生は、GE 及び Biologyから入る。

総合科学 GE General Science

地学と天文学入門 Earth Science and Astronomy – Fundamental
化学 Chemistry
物理 Physics
生物 Biology – Life Science and Reproduction 命の科学と生殖

4. 数学 Math

数学で最初に学習することは、代数の式や記号を入れて書かれた用語を読むことから始まります。 「 5 + 3 =  8」 どのように言いますか? 「 x⁴ 」どのように言いますか?このあたりから始めます。 分数はどのように言いますか? 留学する国の実際の教室の授業でとまどうことのないよう練習していきます。

テーマは下記の通りです。

代数学:整数の計算 Calculation for integers
有理数 rational numbers
多項式 polynomials
指数計算 operations with exponents
一次関数 linear relations
幾何学 円周角 circumference
図形 figures, diagrams
平面図形 plane figures
立体 three-dimensional
計測 measurement
その他

5. 体育 PE

予定しておりますが詳細はまだ未定です。

6. 日本の文化と歴史

確かに、下記のようなものが日本の文化の代表的なものです。 でも、アニメ、KARAOKE  などは日本の文化ではないのでしょうか。 考えてみたいですね。

Noh
茶の湯 Tea Ceremony
生け花 Flower arrangement
きもの Kimono ― Japanese traditional wears
歌舞伎 Kabuki ― Japanese traditional performance
義太夫 Gidayu ― Japanese traditional drama performed by dolls
大和朝廷 Growth of Yamato dynasty
明治維新 Meiji Restoration

 

日本人生徒の特徴

①英語試験のTOEFLやIELTSでの英語能力は、中国や韓国の生徒と比較して、獲得した得点を比較すると明らかなのですが、日本人生徒はかなり英語力が弱いことがわかります。なぜ弱いのでしょうか。
母国語の日本語に対する思い入れが強いこともその原因の一つです。
とにかく、まずその弱い原因を意識して理解することが第一です。
それと自分の感じたこと、考えたことを表現することに力をいれる必要があります。
大概の日本の生徒たちは、自分の意見を表現することよりも、英語を他の人よりも早く口に出したり書いたりできることが出来るように訓練されてきたのですから、あたり前のことです。

②日本人生徒の多くは、これまで高校受験や大学受験用の学習で攻められ続けてきました。 だから、誰よりも速く決められている答えに行きつくのが使命と考えてきました。そして、他の生徒よりも速く正答に行きつけた人を秀才とか、頭がよいとか言ってます。しかし、海外ではそれほどこの「速く正答に行き着く」ことが大切だとは考えられておりません。
これで「頭がよい」とは評価しないのです。飽くまでも、「頭がよい」というのは、多少時間がかかっても独創的で個性的な解答を導き出す能力が高いことを言います。

③日本人生徒は、これまで自分が社会とどのように関わってきたか、言えない人が多いです。
これは、大概の日本人生徒にとっては当たり前のこと。
なぜなら、日本人の生徒の大半は、自分が切り開いたレールの上ではなく、両親が敷いたレールの上を忠実にたどってきており、その結果、高校、大学そして就職とすすんできたからです。直接、社会とかかわることはまれで、必ず自分と社会との間には「両親」とか「学校」とかワンクッション入っており、直接そのかかわりを持つことはありませんでした。
仮に学校の教育の一環としての社会体験として、「老人ホームや保育園で仕事を経験した」よ、「銀行や郵便局の仕事を手伝ってきた」と言う生徒もいるでしょう。でも、その生徒は自主的にそうしたのでしょうか。
きつい言い方ですが、学校の先生や両親から勧められてそのようにしたにすぎないのではないでしょうか。

海外の高校では、自分は社会とそれまでにどのように関わり、どのようなことを経験しそしてどのような成果を上げたかを発表するように高校生の時しつこいほど訊かれます。学校にもよりますが、この社会との関わりの体験が必修となっており、実際の体験が単位として認められ高校もあります。
こうなると、日本人生徒は、海外留学したとき、英語で困るだけではありません。
この社会との関わりで困ります。これまで日本で生活し身に付けてきた生ぬるいものをまず拭い落とさなければなりません。
そのような反省がないと海外での新しい環境で新しい経験をすることに挑戦はできません。