在日外国人の方の子供達の為の進学塾

 

 フレンドシップ国際学院の進学・受験指導

―――――   在日外国人の方の子供達の為の進学塾

 

在日外国人とその子弟の増加 – 近年の傾向 

近年、日本には、海外から、特にアジア圏の国々を母国とする多くの在日外国人の方やってきて、今やその人たちの子供達、すなわち二世・三世の子供達の時代になりました。 そして今、その二世・三世の子供達は進学や受験の時期に来ています。 その子供達1人1人、又その教育目標も生活スタイルも違っています。 多くは、日本人生徒と交流し、机を並べ、学習時間を共有する仲間として学校生活を送っています。そんな中、さて、その子供達は充実した学校生活を送っていますか? 充実した学校生活とは、言うまでもなく、クラス内の授業が充実したものであるかどうかで決まります。 子供達はこんな悩みを持っていませんか?

 

〇授業は日本語で行われるのでよくわからない。 又、質問したくても日本語で質問しなければならないので勇気がいる。だから、定期試験でも合格点が取れない

〇中学の数学と英語ではクラスでいつもトップにいる、でも、その他の科目、特に国語、社会、音楽は苦手で試験もよくない。だから、来年に迫った高校受験を考えると不安だ。

〇高校の現代国語、古文で合格点が取れないのが悩み。数学と英語はクラスでトップの成績だが、現代国語、古文ではいつも赤点すれすれ。国立大学志望だが、大学受験を考えると、気が重くなる。

 

フレンドシップ国際学院は、このような悩みの生徒をコンプレックスから解放し、どうすれば成績が上がるかを説き納得させ、そして進学や受験で成功に導きます。

 

フレンドシップ国際学院で学ぶ学習対象者はどんな生徒ですか?

在日外国人の方で、「日本で働き生活はしている。でも、正式な日本語を使用しているかどうかには自信がない」というご両親。 そのようなご両親が意外と多いのが現実です。 そのようなご家庭で育ち、現在、小学生、中学生、高校生の生徒達。 又、近い将来、日本の中学、高校、大学を受験する生徒達。フレンドシップ国際学院はこのような生徒達を対象に、進学・受験塾として教育します。

 

 

日本語は「国語」(母国語)か、それとも「外国語 (第二言語または共通語)」か。

あなたの子供達は、多くの日本人と同様に、1.「国語」「母国語」「第一言語」として日本語を学んでいますか、そうではなく、2.「外国語」や「第二言語 (共通語)」として学んでいますか。 この違いは大切です。フレンドシップはこの二つを、明確に分けています。

 

1.日本語を「国語」「母国語」「第一言語」として学んでいる場合

現在、あなたの子供達は日本の小学校や中学校や高等学校へ通っているはず。子供達は、日本で生まれたので、多くの日本人がこれまで行ってきた方法で、すなわち、日本語を「国語」や「母国語」や「第一言語」として学んでいるはずです。 その際、問題になるのが、「漢字」です。漢字は、日本人の場合、日本で生活していれば、知らず知らずのうちに接触し学んでいくので、抵抗感なく漢字に習熟していきます。 又、自分の周りに日本人の両親や兄弟姉妹がおり、日本で生きることへの対し方のひとつとしてこの親族・家族から「日本語」を理解する方法を教えられながら育つので、「漢字」や「漢字仮名交じり文」を自然に抵抗なく受け入れることが可能になります。 どんな国の場合でも同じで、「国語」「母国語」「第一言語」は、同じやり方で、自然に受け入れられてきたはずです。

このように、日本語を習得するのに、「漢字」や「漢字仮名交じり文」へ習熟することが第一であることを考えると、あなたたち御両親またはそのいずれかが漢字圏の国、例えば、中国、台湾など出身の場合、子供達は、少し日本人よりも時間はかかりますが、それほどの抵抗なく日本語を理解するようになります。これは、中国人・台湾人を親に持つ生徒にとって、日本語を「国語」「母国語」「第一言語」のように理解することに、同じ漢字圏ということで、それほど抵抗がないからです。 漢字の「音読み」「訓読みの」区別と違い、語句の並べ方 (文型) の違い、特に中国語と日本語の「動詞」と「目的語」の位置の違いなどさえ理解すれば、習得できるようになります。 このように、両親または両親のいずれかが漢字圏の国の人々の間に生まれ、そして日本で育った場合は、その子供にとって日本語に習熟することはそれほど難しくはありません。 

問題は、あなた方ご両親、またはその一方が漢字圏以外の国出身の場合です。 この場合、上述したように、「漢字」や「漢字仮名交じり文」が理解できないことが問題となって、子供達に日本語嫌いが起こるようです。 その結果は、日本語放棄となり、その代償として「英語」または「あなたの (御両親の) 母国語への逃避」となって、ますます日本語は遠ざかってしまうからです。 従って、漢字圏以外の国の人々を両親として日本で生まれ育った二世・三世は、漢字の意味、音読み・訓読みの違い、漢字の書き順の習得など、これらの基本的な事柄を一つ一つ克服しなければなりません。これを通らないわけにはいきません。 これには、中学生の場合でも、高校生の場合でも、私達のこれまでの指導経験から、各科目の「教科書」を徹底して理解するのが、遠いようで一番近い方法のようです。 教科書は、基本的な事項の宝庫だからです。 ですから、フレンドシップでは、日ごろの学習を通して、先ず「教科書」レベルの理解を目指します。 教科としては、英語、数学、国語、理科、社会の5教科を学習し、来たるべき進学・受験の時期に備えます。 科目としては、中学生の場合、数学・英語・国語・社会・理科の5科目、高校生の場合は、英語と数学系の科目、現代国語、古文、地理、歴史、倫理社会、政治経済、生物、化学、物理などとなります。

この教科書の内容の理解によって、英語や数学の科目はもとより、それ以外の科目も徐々に点数が上がって行きます。

 

2.日本語を「外国語」や「第二言語 (共通語)」として学んでいる場合。

この場合、子供達は「国語」「母国語」「第一言語」の基礎的なことは、日本語以外の言語で身に付け、その後、日本に住むあなたが親族として子供達を日本に呼び寄せた場合です。 子供達は、母国で小学生や中学生として過ごし、その後、日本に移住し、日本の小学校・中学校へ登録されました。 この場合、子供達は徹底して高校受験の科目に集中する必要があります。 なぜなら、おそらく、子供達の得意科目は「英語」「数学」「理科」「体育」なはずで、特に高校入試に必要な「英語」「数学」「理科」を得意科目にしなければなりません。なぜなら、「英語」「数学」「理科」では、日本語の習熟度に関係が無い学力で、その足りない学力を補うことができるからです。 「英語」のlisteningの力、「数学」の二次方程式の解き方、「理科」の科学の実験の変化の理解など、これらは日本語に関係なく理解できるはずだからです。 ところが、日本語力や日本に関係することでしか補うことができない科目もあります。 それが、「国語」と「社会」です。 「国語」は、「漢字仮名交じり文」で書かれた現代文・説明文・論説文を読解することが求められます。それに加えて、記述力、すなわち「書く力」、そして「古文」「漢文」への読解力も求められます。 子供達は、小さいころから「母国語」として日本語を耳にしているわけではないので、「外国語」として日本語を理解する立場にいます。 そのような生徒にとって、日本語を「母国語」とする日本人の生徒と比較して、「国語」は初めから差がつく科目なんです。 又、「社会」の学習範囲は「地理学」「歴史」「公民―政治経済社会」となりますが、それらの学習範囲はどうしても、日本に関係することが中心となり、「日本の地理」「日本の歴史」「日本の政治経済社会」となってしまい、あなたが生まれた母国のものとはかなり違ってきます。 自分が生まれ育った国のことなら自然と興味がわくはずですが、そうはいきません。 このように、子供達は、「国語」と「社会」ではなかなか点数が伸びません。「国語」と「社会」という、二つもハンデイキャップのある科目があれば、高校受験ではどうしてもトップグループには上がれません。ではどうすべきでしょうか? 

やって欲しいことは、自分の得意科目の点数を最大限上げること、不本意ですが、そのときの学力・実力で合格できる高校に入学することです。 そして、次の受験の「大学入試」でトップランクの大学へ合格し挽回することを進めています。 高校三年間の学習で「国語」も「社会系科目」も日本人生徒との差がなくなるはずです。 むしろ、「国語」は日本語を外国語として観る視点が加わることでより客観的な深い理解になりますし、「社会系科目」は、どの科目も、日本という狭い視点からではなく世界という広い視野から理解できるからです。 このようにして、大学入試で目標を達成することが可能です。

フレンドシップ国際学院は、引き続き大学受験をもサポートします。

 

日本語能力試験 Japanese Language Proficiency Test JLPT

ところで、あなたは日本語能力検定試験を受験したことがありますか。 あの、日本語のレベルがN2,N3とか言われているあの試験です。フレンドシップ国際学院は、子供達が通っているに公立・私立小中高校の成績を上げるだけではなく、日本語検定試験N2又はN1に合格できる日本語の能力をも養成しています。 その結果、周りの日本人の生徒と同じく、日本の高校や大学を受験できる学力が身についていきます。 この意味でも、フレンドシップ国際学院は日本の高校・大学への進学のプロとして活動しています。 尚、この日本語能力試験は、主に、上述の2.日本語を「外国語」として学ぶ生徒が対象となります。

――― 参考 ―――

日本語能力試験は、日本語を母国語としない人の日本語能力を測定し認定する政府公認の日本語能力試験です。 今では、毎年80万人以上の人が受験しています。 フレンドシップでは、この日本語能力試験を日本語能力の測定の為に受験するだけではなく、将来、受験することになる日本の大学入試や日本の企業への就職のためにも日本語能力試験の受験を奨励しています。 あなたも、一度、この日本語能力試験を受験してみて下さい。

 

学習について

学習は、一日2時間で、

「今まで公立の学校に通っていたが、授業に付いていけない」 

「付いていけていると思っても、定期試験では思った通りに得点できていない。」 

「特に、国語が一番弱い」

こんな問題を抱えた生徒達が学習しています。 フレンドシップの先生は、その分からないところを丁寧に解説し指導していきます。

「宿題」は、その生徒によりその量も質も変わりますが、基本的に、フレンドシップ国際学院で習っている箇所の復習、すなわち「類題」で宿題を出します。 宿題は、基本学力から受験できる実力の定着へと導いていきます。

 

 学習日

基本的に、一か月8回(週2回)となります。 ただし、決められた曜日が国民の祝日とのきはフレンドシップでの学習はお休みとなります。

又、定期的に、夏期講習、春期講習、冬期講習が予定されております。これらの講習には、フレンドシップの生徒は、原則として、全員参加となります。

 

 学習時間

午後1:00 ~  午後3:00    大人向け

午後3:00 ~ 午後5:00    大人・生徒双方向け

午後5:00 ~ 午後7:00    生徒向け 小学生・中学生・高校生

午後7:00 ~ 午後9:00    生徒向け 中学生・高校生・大学受験生

 

入学する前に

予約を取ってフレンドシップへお越しください。説明会を行っております。

 

ご相談ください。

 

フレンドシップ国際学院

教務主任

阿部 高志