講座 科目

理論

日本語教育能力試験の試験範囲を網羅し、必要な知識

習得を目指すことから始めます。 更に高度な教育理論から異文化論まで,グローバル時代の日本語教師として身に付けておくべき必須の知識を学びます。

 

■文法基礎   ■文字表記

■日本語意味  ■日本語概説

■日本語教育論 ■言語学一般

■社会言語学  ■対照言語学

■日本語教授法I.II ■異文化論

■文法基礎・標準 ■音声学I・I

 

 

実践

実践的なトレーニングを中心に、初級者から中・上級者までを対象としたオールラウンドな教授方法を模擬授業や実践授業で学習します。教材の選定、的確なテキスト作成法など、プロとして必要な知識と

テクニックを身に付けるカリキュラムです。

 

■文型I・II

■実践I・II

■教材研究

■評価法など

 

 

教育実習

当学院は、420時間授業修了後、即戦力となる教師を養成することが目標としています。従って、この教育実習を通し、登壇授業と外国人生徒の前での授業を経験することで即戦力をが養成されます。

 

■摸擬登壇授業

■外国人を前にしての授業