4 日本語教師への道

日本語教師養成の専門講座

 

 

 

 

 

 フレンドシップ国際学院

 

 日本語教師養成の基礎理論から検定試験JLTCT合格、そして就職までの完全サポート

 

 「しっかり学んで楽しく教える」が目標

 

 確かに、420時間日本語教師養成講座修了の資格で就職ができます。でも、更に検定試験に合格すれば、もっと幅広く活躍できます。 検定を目指し頑張りましょう。

 

 

 文化庁の求める日本語教師

 

   プロフェッショナルとしての日本語教師を目指す場合、一般的には学士以上の資格と、下記の三つの条件のいずれかをクリアすることが必要です。

  1.文化庁モデル日本語教師養成420時間講座を卒業する

  2.日本語教育能力検定試験 JLTCTに合格する

  3.大学又は大学院にて、主専攻、副専攻で日本語教育を履修する