海外留学―高校留学の理由―日本の高校のすすめる留学

9
問い合わせはこちら

高校留学をすべき理由は何か? - 海外留学から得られること

本当の高校留学







高校留学には三つある。


1.3週間から半年滞在ぐらいの短期留学で、あなたが通学している日本の高校がその留学を義務化したり、推奨している留学

2.海外の高校で、現地の高校の生徒と同じ単位数を取得し、そしてその海外の高校を卒業するまで滞在する留学

3.1と2の中間の留学で、一年間滞在に限定し、そして帰国する留学

卒業式-帽子投げ



三角形-赤

では、あなたはどの留学を選択すべきなのだろうか。

2の留学しかない、私たちは考えている。

1は、言うまでもなく、論外。 短期留学と聞こえは良いが、英語が少し聴けるようになったかなと思ったときには帰国となる。つまり、英語すらできるようにはならないのだ。この留学は、たいがいの日本の高校が自校の生徒に「国際化」と称してすすめている。 しかし、これは「まやかし」でしかない。現実を見るべきだろう。

その高校の教師の方は、こんな短期で英語が身につくと本気で思っているのだろうか。

3はどうだろうか。 1にくらべたらまだましだが、それでも、一年ではたして、英語だけではなく、その国の生活を理解しその国の文化の真髄を身につけることができるのだろうか。疑問である

文字通り「国際化」の時代、海外から多くの人々が日本にやって来て、長期間滞在し、学び、仕事をしている時代、日本の生徒達が最大で一年間だけ海外に滞在し、そしてその経験を「海外留学」と称して皆に誇る、こんなことで良いのだろうか。 うわべだけの海外留学をしてきただけで、「海外留学」と称してよいのだろうか。

ーMaplewood男の子









本当の留学は

私たちは、2の留学をすすめる。 高校を卒業して、大学入学の切符を手にして、それで初めて「海外留学」をした、と私たちは考えています。

あなたやご両親が、日本の高校が薦める「留学」を「海外留学」と考えているなら、それは間違い。

今、この時、考え直すチャンス。 本当の「海外留学」を考えよう。