海外留学―TOEFLは今が受験―TOEFLの特長

問い合わせはこちら

TOEFLトフル, 受験には今がベストタイミング!

当たり前のことだが、TOEFLはアメリカの大学が要求する海外の入学希望者の英語力を試す試験だ。

イギリスのテスト団体が主宰するIELTSの方が高得点が出る、と考えている人が多いが、これは間違い。

いや、間違いというよりも、それは当たり前といってよい。 どうして?

なぜTOEFLか







TOEFLはアメリカの大学に特化

受験生にとって、特に高校生にとっては、TOEFLの試験に出てくる場面や状況は、大学での講義に関するものが大半だからだ。 一方、IELTSの場合は、より一般的で、銀行での振込みの場面、スーパーでの買い物のシーンなどが問題となる。 だから、高校卒業レベルでの英語力のテストと考えてもよい。 しかし、TOEFLは大学でのことに限定される。 それでは、どうしてTOEFLは大学での場面や状況に限定しているのだろうか?

それは、アメリカの大学は海外からの入学者に入学と同時に大学での講義に出席し単位を取得できるように要求しているからだ。 大学入学イコール単位取得が要求されるからだ。 「入学してから、それから英語はやればよい」と悠長に構えている学生をアメリカの大学は必要としないからだ。 だから、相当な英語力が、最初から要求される。 それで、TOEFLは高校卒業レベルの英語でよいと考えている大半の生徒には難しいと感じてしまう。 くどいようだがもう一度言おう。 アメリカの大学が要求する英語力は高校卒業レベルではなく、大学へ入学しその授業に参加し単位が取得できる英語力を最初から要求しているのだ。

自由の女神









TOEFLが難しいのには理由がある

この意味で、確かに最初は難しい。 でも、その大学の求める英語力の基準を超えることが出来れば、あなたは名実ともにアメリカの大学の学生になるるということだ。

このあたりをよく考えて、TOEFLとIELTSのどちらを受験するのかを考えよう。

難易度から言えば、TOEFLの方が難しい、これが現実だ。

街角でー2半円ー逆さ-肌色