英語力―留学ーIELTSの英語―留学の為の英語

問い合わせはこちら

IELTSについて


日本ではIELTSよりもTOEFL試験の方がメジャーですが、TOEFLとIELTSを比較するとお互いに長所があります。自分に合った方の試験を受けましょう。

TOEFLを受けたことがないので比較してもいまいちピンとこないという方は、下記のサイトのTOEFLの模擬試験を受けてみることをオススメします。


スピーキングが面接なので易しい

TOEFLはコンピューターに向かってスピーチをする形式で、短い秒数で意見をまとめ、決められた秒数収めるのはとても大変です。よく「日本語で同じ質問をされても答えられない」という声を耳にします。日本人は特に点数の出しにくいセクションと言われています。一方、IELTSは面接官とのインタビュー形式なので相手が人です。質問を聞き逃したらもう一度お願いしますと聞き返すことができますし、相槌を打ってくれたりするので会話のペースを整えて話すことができます。
そのためTOEFLと比べるとかなり易しく感じる方が多いようです。


リスニングがディクテーション方式が多く、書き込みながら聞くので易しい

TOEFLのリスニングは長いレクチャーを聞いた後に、その内容を問うような形式ですが、IELTSは図や文章の一部分を穴埋めするような形式が多く、聞きながら答えを導き出すことができます。また、問題が流れる前に設問を確認する時間、問題の合間に解答を確認する時間、解答を書き込む時間を別途もらえるので、先読みしたりする時間の使い方のテクニックが使い易いといえます。


リスニングでイギリス英語が多い

IELTSのリスニングモジュールで流れる音声は様々な国の英語のアクセントを用いますが、その中でもやはりイギリス英語が多いのが特徴です。コツさえ覚えればイギリス英語の方が聞き取りやすいという方もいるので一概に良いか悪いかは言えませんが、アメリカ発音で教育されている日本人にとっては馴染みのない発音があり戸惑う方が多いのも事実です。


リーディングの語数が多い

TOEFLのリスニングは長いレクチャーを聞いた後に、その内容を問うような形式ですが、IELTSは図や文章の一部分を穴埋めするような形式が多く、聞きながら答えを導き出すことができます。また、問題が流れる前に設問を確認する時間、問題の合間に解答を確認する時間、解答を書き込む時間を別途もらえるので、先読みしたりする時間の使い方のテクニックが使い易いといえます。



IELTS

TOEFL iBT

パッセージ数

3

3~4

パッセージ語数

約900語

約700語

問題数

40問

12~14問×パッセージ数

解答時間

60分

60~80分


会場・実施回数が少ない

ほぼ全国で月に3,4回開催しているTOEFLとは違い、2012年8月現在で日本ではIELTSを実施している会場がまだ少なく、関東では東京と横浜しかありません。特にAcademicテストは東京などの実施が多い会場は月に1、2回くらいのペースで開催されますが、2、3か月に1度ほどしか開催していない会場もあります。受験者数が急激に増えていることや日本英語検定協会が運営に参加したことで開催が多くなっていくかも知れません。