英語力―進学ー受験で英語が高得点ーGlobishのついて

受験で英語は高得点 ― Globish のすすめ

問い合わせはこちら

IMG_0547


英語力を鍛えるのに、今どんなことが課題だろうか。

科目としての英語の授業を「高校では、日本語ではなく「英語」で行うのが望ましい」と文部科学省が表明してからもう10年も立ちました。 各高校は、ネイテイブの英語教師を入れたり、様々なことをして、その文部科学省の意向に沿うよう努めているようです。 そんな矢先、今年になって、東大による「改革」が発表され、5年後を目途に「海外から優秀な学生・教師を招き、活発な講義をする」を実行すると宣言しました。 この「海外から優秀な学生・教師を招き、活発な講義をする」に不可欠となるのが「英語での講義」。 「英語での授業(講義)」で文部科学省の意向と東大の意向とが一緒になり、これぞ「国策」と理解しました。 それでは、この国の政策に沿った「英語での授業」に対応する為にはどのような英語の学習をしなければならないのか、いろいろと考え実行してゆかなければなりません。

私たち、フレンドシップグループは、これまで、次のことに力点を置き、科目としての英語の教授に努めてきました。これからも、基本的には、このことを軸に英語学習に努めてゆきます。

RYUUGAKU30004


インターネットが普及する今日、まず世界の人々との意思伝達をはかるため、その言語手段として英語がある。だから、この意思伝達に必要な英語、Global 「世界的」な English 「英語」、すなわち Globish を先ず身につけることを目標とする。 Globishは旧来の Englishとはどのように違うのだろうか?

例文を参照しよう。


原文 Globish

This little tidbit of literary joy is amiable and a       This English book is easy to read and it can be read

slam dunk to peruse, notwithstanding the fact       with pleasure.  Still, it proposes to change completely the

that it has the overwhelming gall to propose a       way by which we communicate in English one another

revamping of our methods of verbal exchange        around the world.

around the world.

(この本は読みやすく、面白くて引きこまれる。

なのに一方では、世界中で私達が行っている言語

コミュニケーションの形を一からかえるべきだ

と指摘している)


Native English speaker can’t quite hack it when      It will be very difficult for Native English speakers have

they need to dumb down to the 1,500 key words.      to consider to reduce their words down to the 1,500 key

The language they have to speak or write is expected  ones.  Therefore, they think, the English language to be to be kosher, if not perfect.                           spoken and be written is expected  to be correct

absolute, even if it is not perfect.


(英語を母国語とする人々にとって、主に使う単語を

1500まで減らすのは非常に難しい。彼らは完璧と言は

ないまでも、正しい言葉で話したり書いたりしなければならないのに)

RYUUGAKU30003


上述の通り、Globishでは難しい単語は使用されていないし、又難しい文章表現もない。 とにかく、意思伝達をするという第一目的の為の英語で、『わかる』ことを目指している。 私達日本人は、まず、他の国の人々、宗教文化習慣の違う国からの人たちとcommunicationをとるのが先決。それには、専門的な言葉や難しい文法を極力廃した Global English,すなわち Globishが一番と考えている。 単語は1500語、文法事項は高校2年まで、こんな条件で身につけた英語で、まず連絡を取り合おう。 そして、その連絡を増やせば増やすほどに英語上達する。 つまり、Globishを英語の入門講座として活用してほしい。