英語力ー留学ー帰国生入試の為の英語―帰国生入試概略

問い合わせはこちら

海外の高校などの教育機関を卒業した帰国生の大学受験対策

127-6


1.秋入学と春入学がある

海外帰国生対象の帰国生入試は主に秋入学と春入学の、年2回実施されています。

秋入試は主に5月~6月に海外の高校卒業生を対象に実施されていますが、対象大学は国立大学で、

筑波大学・横浜国立大学など。 私立大学は上智大学、早稲田大学国際教養学部など、小数の大学に限定されている。

この秋入学・春入学の大学入試では、英語力だけではなく、英語以外の他の科目の成績が重視されます。特に、国立大学は、TOEFLやIELTSのスコアを要求しませんが、海外の高校が発行する成績表の成績で決まります。 特に、英語に関しては、その国や州の地元の生徒が履修する英語、すなわちEnglish 12の履修が必須で、English 12ではなく、海外の生徒用の英語(ESLやEFLと言われる英語のクラス)を履修すれば、それだけで帰国生としての受験資格がなくなります。 ですから、英語力が足りないと評価されて合格した生徒はいません。 英語力が身につくのは当たり前という前提で、大学の審査担当者は見ます。 だから、辛くてもEnglish 12を地元の生徒と一緒に履修する必要があります。 この英語の履修に関しては、よく分かっていない受験生もいるので、何か問題があれば大変ですので、フレンドシップへ相談ください。


2.春入学が一般的

250-R1-

一方、ほとんどの大学で実施されるのが春入学、4月入学入試です。 海外帰国生の4月入学対策は、従来の帰国生を対象に実施される帰国生入試特別選抜制度のほか、現在では、主に一般学生を対象に募集するAO・公募推薦入試制度の中で帰国生試験を実施する大学が増えています。

つまり、「英語ができる」を特権として認めるわけです。 この場合、英語の習熟度を示すスコアを提出する義務が課されます。 TOEFL-iBTで70以上、IELTSで6.0以上が目安でしょうか。 この場合、合格・不合格は、その受験生の英語力によりきまるのが、実際です。 ですから、英語力の習熟度テストの成績は一点でも多い生徒が勝ちます。 このことを頭に入れておくこと。

特に、国際系大学(上智大国際教養・早稲田国際教養・国際基督教大学・国際教養大学など)は海外経験を活かした英語資格(TOEFL・SAT・TOEIC他)とEssay、面接等の書類選考を中心に入試を実施するため、英語力の鍛錬が欠かせません。 フレンドシップの海外帰国生にゅうしは、この入試の専門の講師が指導します。


3.フレンドシップの英語学校では

RYUUGAKU30004

フレンドシップの英語学校では、上述の通り、一般の帰国生入試対策はもちろんのこと、TOEFL、SAT,TOEICなどの英語資格を武器に出願する特別入試(AO・公募・一般)にも対応する帰国生対象講座が充実しています。 又、帰国生英語・Essay・(英文)・帰国生小論文(日本語)対策の専門家が指導します。 英語資格(TOEFL・SAT,TOEIC等)対策と徹底した個別サポートでトータルにサポートしております。