合格者の声―筑駒KT君

筑波大学付属駒場高校に入学したKT君

en04

基礎固めができたことが受験の成功につながった

僕は中学二年生から、フレンドシップ進学センターに通い始めました。 無事、高校受験で合格することができましたが、その受験勉強をしている間ずっと、フレンドシップは重要な役割を果たしてくれたと思っています。

フレンドシップでは、主に国語、数学、理科、社会の4教科を学習しました。 通い始めた中学2年のころは部活の軟式テニスと両立させていたので、受検勉強というよりも定期テストを焦点として基礎固めを中心に授業を受けました。 定期テスト前は授業回数を増やしてがんばった結果、毎回とても良い成績を残すことができました。しかしそれだけではなく、この“基礎固め”は僕の高校受験においても非常に意味のあるものとなりました。


keiretsu06理科・社会が得意科目になった。

最終的には僕は理科・社会が得意科目となり、それが高校受験の合格を決めたともいえます。 この理科・社会の力が実質的に伸びたのは志望校に合わせてレベルの高い問題に取り組む勉強を始めたからですが、それができたのは、僕がフレンドシップで手に入れた「基礎」があったからだと思います。 どんな応用的な内容も基礎がなければまず理解できません。 この基礎固めができた点で、僕はフレンドシップに特に感謝しています。

僕はさまざまな人のさまざまな指導を受けてこうして高校受験に合格することができました。フレンドシップは中学校以外のその大切な学習の場であったと思います。 本当にありがとうございました。image011