留学―最新情報―Queensland州政府留学イベントー2015年11月6日

オーストラリア国、Queensland州政府留学イヴェント、Study Queensland Networking Seminarが開催された

期日:2015年11月6日

於: 東京、六本木、六本木ヒルズクラブ

案件:Queensland州政府と教育機関が主宰する留学エージェントなど関係者との会合

各大学・教育機関が自校のプレゼンテーション

りっぱな校舎会員制

20校の大学・教育機関が来日

この会合はQueensland州政府が開いた会合で、約20校の大学や教育機関の代表が出席し、その啓蒙活動を行った。紹介ヴィデオを見る限りでは、とにかく立派な施設が目立った。州政府や書く教育機関が留学ビジネスに力を入れているのが伝わってきた。

協賛団体として Study Gold Coast が紹介された。 Study Gold Coastは公立の留学企画主催団体で、主として公立(Government schools)の高校が運営するプログラムに関与している。 大学は、独自に様々なプログラムを展開している。

ryuugaku-60009留学―Nudge College-像



どうなる、Foundation コース

最近の傾向としては、オーストラリアの留学のシステムの簡素化がある。 これまで日本からの留学生は必ずFoundationコースを履修しなければならなかった。 Foundationコースとは、大学に入学する前に、英語を鍛えると同時に、大学の勉強に慣れる訓練をするプログラムで、これに約一年かかった。 具体的には、ノートをどのようにとるのか、履修単位の変更手続きはどうするのか、など実践的におこなう。 つまり、英語力の鍛錬に加えて、地元オーストラリアの学生が習得している勉強や生活の事柄に精通することが目的である。 だから、このFoundation コースのおかげで、3年で卒業が一般的なオーストラリアにあって、Foundation コースの1年を加算して、日本と同じ、4年かかって卒業するのが日本人学生には当たり前だったわけだ。 しかしながら、最近、オーストラリアの多くの大学で、日本の学生に限って、このFoundation コースを取らなくても良いことになったのだ。 すなわち、直接、学部生として入学できるようになってきたのである。 各大学でその入学資格や要件が違うので、詳細は各大学に問い合わせする必要がある。 3年と4年では大分違う。 3年で卒業となれば、費用面でも違ってくる。


大学だけではなく、TAFEも魅力的—入学条件は日本の高校卒業資格

オーストラリアの各大学は、やはり、ビジネス系の学部で留学生を多く募集をかけている。

又、TAFEと言って、日本で言うところの専門学校もある。 TAFEに入学するには高校卒業が前提となっている。 高校卒業資格があれば、日本人学生はこのTAFEに登録できる。資格取得のコース別に必要な期間(1semester, 1 year, 2 yearsなど)が決まっており、英語力と技術力のどちらも身に付けたい、と思っている人には、このTAFEのプログラムは最適だ。 見学してきた経験では、主として、料理やホテル学(もてなし学)のコースに最も人気があるようだ。もちろん、終了すれば大学への編入学の道も開かれている。

オーストラリアでは、日本と違って、何歳になっても技術を身に付けたい人はこのTAFEで学び資格を取ることができる。例えば、筆者がこのTAFEの施設を見学したとき、20代の学生に交じって、どう見ても40,50代と思える現地の女性が料理の講義を聴いていた。後で聞いたところ、このTAFEで料理調理の資格を身に付け、そしてHobartのレストランでで働きたいとのことだった。 二男一女の母だったのである。

St. Paul Schoolホストファミリーold picture-18

参加した教育機関


【大学・大学院】

ボンド大学

グリフィス大学

ジェームスクック大学

クィーンズランド工科大学

サザンクロス大学

クィーンズランド大学

【大学付属英語学校・大学進学準備・編入課程】

ボンド大学付属英語学校

クィーンズランド大学付属英語学校

インターナショナル・カレッジ

【専門学校】

テイフ・クィーンズランド

チャールトン・ブラウン

【英語学校】

サリーナ・ルッソ・インスティチュート

【小中高校】

セント・ポールズ・スクール

セント・ジョンズ・アングリカン・カレッジ

クィーンズランド州政府教育省国際部門(EQI)

キングス・クリスチャン・カレッジ

セント・ジョセフ・ナッジー・カレッジ



お問い合わせはこちらです。

フレンドシップ留学専門指導センター
https://www.friendship.gr.jp/top